2018年11月9日金曜日

生き残ったエゴマ

稲刈り以降、相変わらずまったりと暮らしています。

お米の乾燥や籾摺りはライスセンターでお願いしているので、待つだけです。

先日は、ライスセンターに籾殻をもらいに行きました。

私の他にも大勢来ていました。

あとは、エゴマ跡地の草刈りです。

七月の大雨でエゴマがダメになって以来、完全放置していたので草ぼうぼうです。

刈ってみると、ごくわずかながら、生き残って実をつけたエゴマを発見しました。

3日間の冠水に耐えて無事生き残った株。

さらに、雑草に囲まれても負けずに実を結んだ株。

実に素晴らしい!

そこで、これを来年のタネ用にしようと思います。

きっと水害にも雑草にも負けない強い遺伝子を持っていることでしょう。
(その代わり、食味が悪かったりして)

2018年11月1日木曜日

積みわら

例年、今頃はエゴマの収穫を済ませて、脱穀、精製に精を出しているところのはずです。

ところが、今年は7月の大雨でエゴマが壊滅的打撃を受けたので、調整作業はありません。

おかげで、今は結構ヒマ。

そこで、稲刈りの後のワラの片付けをしました。

ワラを束ねて積むには結構しんどいので、これまではちびちびと11月の中頃までかけて行っていました。

今年は、もう済んでしまいました。

それで、空いた時間を利用して、エンドウ豆をたくさん作ろうかと思っているところです。

来年こそは、「エゴマの脱穀が大変だ!ワラの片付けがしんどい!」と悲鳴をあげるくらいたくさん作りたいです。